トップページ > 服装

服装

葬儀の際の持ち物を収納するバッグ

葬儀の際の服装については、当サイトでも何度かお話をしているので、
お解りになっていると思います。

葬儀の際、男性やお子様の服装に関しては、
持ち物がさほど多くありませんので、バッグなどを、
持つ必要はありませんが、女性は、どうしても、
持ち物が多くなるために、持ち物を収納するバッグが必要になります。

バッグは女性であれば1つや2つは持っていると思いますが、
葬儀の際では、服装にあったバッグが必要になります。

普段使用をしているバッグが葬儀の服装に合った色のバッグでしたら、
問題はないですが、葬儀の服装に合う、バッグを普段から使用をしている
女性は多くありません。

そこで、葬儀の際のバッグとして1つ準備をしておくと、
安心ですが、何度も使用をすることがない、
葬儀用のバッグはできるだけ安価でほしいところです。

バッグというと、高価なイメージがありますが、
葬儀用のバッグは意外とリーズナブルです。

【美心】パールとリボンのフォーマルバッグ【美心生活 STORE-MIX (生活用品総合ショッピングサイト)】

【美心】パールとリボンのフォーマルバッグ

この程度の価格でしたら、
葬儀用のバッグとして、1つ持っていても、良いですね。

葬儀の際の服装(子供編)

葬儀に参加をする際の服装について、男性編と女性編のついては、
お話をしてきました。

葬儀の際の服装(男性編)
葬儀の際の服装(女性編)
今日は、
子供を葬儀に参加をさせる際の服装について、お話をします。

子供を、
葬儀、通夜、告別式に参加をさせる場合の服装は、子供が学生であれば、
学校の制服で葬儀、通夜、告別式に参加をするのが基本的なマナーです。

学校の制服が無い場合は、

男子であれば、

黒、紺色を基本として、ダークめのジャケット、

白のシャツ

黒、紺色を基本とした地味なズボン

黒の靴下

黒の靴

が基本です。


女子であれば、

黒のワンピースや黒系のジャケット

黒系のズボン、白のシャツに黒のストッキング、
黒の靴が、基本となります。

葬儀の際の服装(女性編)

葬儀、通夜、告別式に伺う際の服装として、
前回は葬儀の際の服装(男性編)をお話しましたが、
今回は、女性が、葬儀、通夜、告別式に伺う際の服装について、
お話致します。

基本的には、女性が葬儀、通夜、告別式に伺う際の服装も、
男性が葬儀、通夜、告別式に伺う際の服装と、色合いはさほど、
変わりはありません。

女性が葬儀、通夜、告別式に伺う際の基本的な服装は、

ダークスーツ(黒、紺色など)または、
黒、紺色のワンピース

黒の靴

黒のストッキング

上記が、女性が葬儀、通夜、告別式に伺う際の基本的な服装となります。

女性が葬儀、通夜、告別式に伺う際には、
肌の露出は避けてください。

派手な化粧を避けナチュラルメイクにする。
マニキュアも派手な色は避け、目立たない程度の色にする。

アクセサリーなどの貴金属は、時計や結婚指輪以外は避ける。

香水はできるだけしないことがマナーです。

そして、髪の毛が長い場合は多少まとめていったほうが、
良いかもしれません。

髪の毛の色は、赤や青など派手な色は避けたいところです。