トップページ >服装> 葬儀の際の服装(男性編)

葬儀の際の服装(男性編)

葬儀、通夜、告別式に伺う際の服装について、お話をします。

葬儀、通夜、告別式に伺う際の服装は、男性、女性、子供と、
それぞれあります。

今日は、男性が、
葬儀、通夜、告別式に伺う際の服装についてお話をします。

男性が、葬儀、通夜、告別式に伺う際の、
基本的な格好は、

ダークスーツ(喪服でなくても最近は可)

白のシャツ

黒のネクタイ

黒の靴

黒の靴下

というのが、男性が、葬儀、通夜、告別式に伺う際の基本的な服装です。

出先で急に、葬儀や通夜に参加をすることになった場合を除き、
上記の服装で葬儀や通夜に参加をすれば、どの葬儀や通夜であっても、
マナーとしては、失礼にあたりません。

スーツに関しては、最近は、
葬儀の時には喪服でなければいけないということがなくなり、
ダークスーツであれば、問題ありません。

スーツの形は、ダブルでもシングルでも問題はありません。

喪服を購入してしまうと、葬儀の時にしか、着ることがないですが、
ダークスーツであれば、普段でも着ることができるので、
最近は、喪服をわざわざ購入することはなく、
ダークスーツを葬儀の際と兼用して使用をする人も増えています。