トップページ >挨拶文> 喪主の挨拶

喪主の挨拶

葬儀にはそれぞれの立場の中で、挨拶を行う場面があります。

この記事では、
喪主が挨拶を行う際のポイントについて、
お話を致します。

喪主(もしゅ)とは、葬儀の主宰者のことを言います。

喪主は多くの場合、故人の親族が務めることになり、
葬儀にいらしてくださった方々に対して、挨拶をすることになります。

喪主が挨拶をする際には、軽いスピーチが必要になりますが、
葬儀の際のスピーチは、言葉に気をつけなければいけませんので、
通常の話し言葉では葬儀の際のスピーチはできません。

葬儀には、少なくとも、十数人、多ければ、何百人という人が
いますから、スピーチに慣れていないと、緊張しますし、
緊張すれば、やはり、言葉が、スムーズに出てこなくなってしまう
ことでしょう。

そこで、あらかじめ、
葬儀の際に喪主が行うスピーチを、頭に入れておく必要があります。
喪主は、葬儀の際に、どのようなスピーチ、挨拶を行えばよいのか?

喪主が行う挨拶の例文をだしながら、解説をしていきます。

喪主が行う挨拶の例文