トップページ >電報> お悔み電報の送り方

お悔み電報の送り方

突然の訃報で、
お通夜、葬儀に出席することができない場合は、
お悔み電報にて気持ちをお伝えすることができます。
しかし、実際に、お悔み電報を作ろうと思っても、
どのような文章を書いたら良いのか?
どのタイミングで、
お悔み電報が届くようにしたらよいのか?
わからないことがたくさんありますよね。

そこで、お悔み電報について少しお話をしておきます。
実際にお悔み電報が必要になった際には、
お悔み電報を今すぐ作ってくれる、
こちらのサイトへお申込み下さい。



お悔やみの気持ちをお伝えする電報サービス【VERY CARD】

お悔み電報の送り方は、
上記のサイトで手順通りに進めて行けば、完成します。
お悔み電報を送るタイミングですが、
お通夜、葬儀、告別式、
どのタイミングで送ればよいのでしょうか?

実は、お通夜、
葬儀、告別式どのタイミングで送っても良いのです。
しかし、お悔み電報が読み上げられるタイミングが、
葬儀と告別式になりますので、
葬儀と告別式までには、
お悔み電報が届くように日時を設定します。

お悔み電報の文章は、普通に考えると難しいですが、
文例がありますので安心して下さい。
例えば、一般的なお悔み電報の例としては、次のような文章です。

○○様のご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。
ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、
故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。

亡くなった方の立場ごとに、
お悔み電報に記載する文例がありますので、
文例に合わせてお悔み電報を作れば失敗することがありません。
このような文例はサイトに記載をしてありますのでご覧下さい。
これで、お悔み電報の手配がスムーズにできます。



お悔やみの気持ちをお伝えする電報サービス【VERY CARD】