トップページ > 通夜

通夜

葬儀の手順と費用を予め知っておく!!小さなお葬式で安心のお葬式

突然とやってくるお葬式。
その手順と費用は、いまだにハッキリとしていないことが、
多いですよね。そりゃそうです。

日常を過ごしている中で、お葬式に備えるなんて、
なかなかしませんよね。しかし、今の時代。

お葬式の手順や費用を、予め知っておいても損はしません。

突然とやってくるお葬式。
ある程度の、手順と費用を知っておくことで、
スムーズにお葬式を行うことができます。
テレビでも紹介をされた、
小さなお葬式で葬儀の手順とプランを見てみましょう。



いくつかのプランがありますが、
全国3,000箇所の葬儀場で適用することができます。

早期予約の割引システムもあります。
まさに、葬儀の専門サイトです。

資料請求が無料で、できますので、
詳しい内容は無料資料請求をしてみても良いですね。
全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

斎場が休みになる日

結婚式は、予定を組むことができますが、
葬祭は、予定を組むことができません。

当然のことなのですが、人が亡くなることは、
予想をすることなんて、できませんから。

余命を宣告された時は、ある程度の時期は、
心構えとして持つことができますが、
それでも、できるだけ、長く生きてもらいと、
思うのが、人の気持ちです。

こうしたことから、斎場は、いつ何時、
弔いが入るかわからない状況ではあるのですが、
休みはとらなければいけません。

そこで、多くの斎場が休みとされている日ですが、
カレンダーにて、友引とされている日は、
斎場が休みとなっています。

また、地域によっては、斎場が少ないために、
弔いまでの日程を延ばさないといけないこともあります。

四十九日に掛かる時間

四十九日に掛かる時間は、どのくらいですか?
という質問が多かったので、お応えいたします。

多くの四十九日は、午前から会食を含めて、
始まることが多いです。

会場の都合で、午後からしか空き無いということだと、
午後から始まるケースもありますが、
午前と午後、どちらからスタートしても、
おおよそ3時間程度はかかる見込みとして、
考えておきましょう。

時間の都合上、途中までしか、
参加できないということであれば、
納骨のタイミングが抜けるタイミングとなりますが、
マナーとしては、会食まで居ることです。

ですので、基本的には、四十九日に参加をしたら、
途中で抜けることは難しいと考えた方が、
良いでしょう。

四十九日は葬式と違って、参加人数は減るので、
どうしてもスケジュールが合わない場合は、
予め欠席の旨をお知らせしておきましょう。